本屋ページへ戻る

直木賞作家姫野カオルコの代表作の一つ長編の恋愛小説。
少女隼子の小学生時代からスタートしやがて中学で隼子は禁断の恋におちます。
少女時代から大人になった後までの半生を描く大長編。
脇を固める様々なクラスメイト達の人生も密度高く描かれます。

狂おしい恋の切なさ、年の差や社会の壁。それらをリアルに生々しく描いた筆力には感服です。
純愛小説ですが、綺麗にこざっぱりとまとまっているのではなく生々しく熱い。
物語後半にかけての盛り上がり方が凄いです。
まさに最高のエンターテイメント、恋愛小説はどうもなという方もとても面白いのでぜひ読んで欲しい小説です。


ご購入はこちらから
姫野カオルコ ツ、イ、ラ、ク